snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ssh の接続維持

Windows XP SP2 に Kaspersky Internet Security 試用版をインストールして以降、 TeraTerm (TTSSH) でホスト (CentOS 5.1) にログインして放置しておくと接続が切れる 様になった。おそらく KIS のファイアーウォールが接続を監視してて、無通信状態が一定時間を 超えると切断しているのだと思う。

ログインしたまま放っておいても切断されない様にしたいのだが、KIS の設定にはそれを 制御するパラメータは見つからない。ちなみに、ネットワーク設定で "暗号化通信のスキャンを しない" に設定している。

次に sshd の設定を調べたところ ClientAliveInterval というのを見つけた。 これは sshd がクライアントの生存確認の為に送信するパケットの送信間隔を指定する。 例えば 60 と指定すれば 60 秒毎にパケットが送信されるので無通信状態ではなくなるはず。 さっそくやってみた。

# vi /etc/ssh/sshd_config
        :
#ClientAliveInterval 0
ClientAliveInterval 60
#ClientAliveCountMax 3
        :

sshd を再起動してログインして 10 分放置してみたが切断されてない。旨くいったみたい。

スポンサーサイト

« perl-XML-RSS パッケージをインストール|Top|perl-LWP-UserAgent-Determined パッケージをインストール »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/93-7e2c1ab4

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。