snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般ユーザで rpmbuild できるようにする

普通 rpmbuild する時は作業領域として /usr/src/redhat 以下が使われる。 ここは一般ユーザは書き込めないので root で作業する事になる。 しかし、実際には /usr/bin とかにコピーする時以外では root 権限は必要無いので、 一般ユーザでも書き込める作業領域を作成して、そこを利用する様にする。

どこでも良いが、ホーム内に作業領域を作成する。

$ mkdir -p ~/rpmbuild/{BUILD,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}

で、rpmbuild でそこを使う様に ~/.rpmmacros ファイルで設定する。

%_topdir   /home//rpmbuild

環境 : CentOS 4.6

スポンサーサイト

« mt-daapd をインストール|Top|Trac のプロジェクト環境のバックアップ、リストア »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/91-23c4aa26

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。