snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPM 版 Trac と Trac-ja の併用

RPM 版の Trac を利用しつつ Trac-ja の翻訳 を 利用できないだろうか、という事のメモ。

結論 : Trac Environment の作成時に以下を行う。

  • trac-admin ... initenv で template として Trac-ja の方のパスを指定する。
  • Trac-ja の方の wiki-default 中のファイルを wiki import する。

以下、過程。

Trac-ja の WikiJa に書いてあるとおり、 アーカイブを展開した状態、あるいはインストールした後の wiki-default/ 中の checkwiki.py 以外のファイルを wiki import すると Trac Environment の初期の Wiki ページを翻訳版に差し替えられる。

# cd /usr/local/trac/share/trac/wiki-default
# trac-admin /var/lib/trac/tractest wiki import CamelCase ./CamelCase
# trac-admin /var/lib/trac/tractest wiki import InterMapTxt ./InterMapTxt
        :

ただし、これだと Login や Settings のリンクとか Edit this page のボタンとかが英語のまま。 これを日本語にするには、trac-admin ... initenv の時に template のパスで /usr/local/trac/share/trac/templates を指定する。

template に Trac-ja の方のパスを指定したので、てっきり Wiki ページも日本語訳された ものになるだろうと思ったら英語のままだった。 たぶん RPM 版の siteconfig.py で以下の様に決め打ちされているからだろう。

__default_wiki_dir__ = '/usr/share/trac/wiki-default'

Trac Environment を作成する度に wiki import するのは面倒なのでスクリプトを作成。

#!/bin/sh

TRAC_ADMIN=/usr/bin/trac-admin
#TRAC_ADMIN="echo /usr/bin/trac-admin"

[ -d "$1" ] || exit 67
[ -f "$1/conf/trac.ini" ] || exit 1
PROJENV="$1"

cd /usr/local/trac/share/trac/wiki-default

for fn in *; do
        $TRAC_ADMIN "$PROJENV" wiki import $fn ./$fn
done
スポンサーサイト

« 1 つの Apache で複数 Trac 環境にアクセスする設定|Top|Trac-ja をインストール »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/78-d8bade84

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。