snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trac-ja をインストール

インタアクト株式会社が日本語訳した Trac (Trac-ja) を 配布している。
rpm のをインストールしてあるけどこれもインストール。
環境 : CentOS 4.6

まず trac-0.10.4-ja-1.zip をダウンロードして展開。

$ unzip trac-0.10.4-ja-1.zip
$ cd trac-0.10.4-ja-1

インストールするにはアーカイブに含まれる setup.py を実行する。
以下でヘルプが出る。

$ ./setup.py --help

以下でコマンド一覧が出る。

$ ./setup.py --help-commands

以下でコマンドのヘルプが出る。

$ ./setup.py build --help

という訳で普通にビルド。

$ ./setup.py build

オプション --dry-run を指定すると実行内容を確認できる。

$ ./setup.py --dry-run install

インストール場所を /usr/local/trac に指定して確認。
エラーが出て途中までしか確認できないけど。

$ ./setup.py --dry-run install --prefix=/usr/local/trac

という事で全てを /usr/local/trac 以下にインストール。

$ ./setup.py install --prefix=/usr/local/trac
スポンサーサイト

« RPM 版 Trac と Trac-ja の併用|Top|Trac をインストール »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/77-dce22660

RPM 版 Trac と Trac-ja の併用

RPM 版の Trac を利用しつつ Trac-ja の翻訳 を 利用できないだろうか、という事のメモ。 結論 : Trac Environment の作成時に以下を行う。 trac-admin ... ...

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。