snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcat の DB 接続プールを JMX で監視

Tomcat の標準のデータベース接続プールは Commons DBCP の BasicDataSource 。 この BasicDataSource の numIdle がアイドル状態の接続数で numActive が アクティブ状態の接続数を表す。 この値は JMX 経由で取得できる。

環境 : Java SE 5 Update 12 / Tomcat 5.5.23

jconsole を利用。

$ export CATALINA_OPTS="-Dcom.sun.management.jmxremote.port=8180 \
-Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false \
-Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false"
$
$ catalina.sh start
$
$ jconsole &
jconsole で Tomcat 5.5 の DB 接続プールを表示

或いは manager アプリの jmxproxy サーブレットを利用。
qry リクエスト・パラメータに MBean 名を指定。
http://localhost:8080/manager/jmxproxy?qry=Catalina:type=DataSource,*

OK - Number of results: 1

Name: Catalina:type=DataSource,path=/db7,host=localhost,class=javax.sql.DataSource,name="jdbc/FooDB"
modelerType: org.apache.tomcat.dbcp.dbcp.BasicDataSource
password: **********
defaultAutoCommit: false
maxIdle: 30
minEvictableIdleTimeMillis: 1800000
driverClassName: org.postgresql.Driver
username: postgres
url: jdbc:postgresql://127.0.0.1:5432/postgres
testOnBorrow: true
maxWait: 10000
testWhileIdle: false
numIdle: 0
maxActive: 100
numActive: 0
maxOpenPreparedStatements: -1
timeBetweenEvictionRunsMillis: -1
poolPreparedStatements: false
initialSize: 1
accessToUnderlyingConnectionAllowed: false
testOnReturn: false
logAbandoned: false
numTestsPerEvictionRun: 3
defaultTransactionIsolation: -1
removeAbandonedTimeout: 300
removeAbandoned: false
defaultReadOnly: false
minIdle: 0
スポンサーサイト

« Commons DBCP のメモ|Top|共有フォルダを Linux にマウント »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/74-f61e5d7b

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。