snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcat 6 の複数インスタンス用クラスパス

Windows XP SP2 と CentOS 5.1 なマシンに、 Tomcat 6.0.16 と、ついでに Java SE 6 Update 4 もインストールしておいた。

Tomcat のスクリプトをざっと読む。 java.endorsed.dirs が $CATALINA_HOME/endorsed/ になっている。 だけど初期状態ではこのディレクトリは存在しない。

Tomcat 6 になってクラスローダが整理され、 $CATALINA_HOME/common/, $CATALINA_HOME/server/, $CATALINA_BASE/shared/ が $CATALINA_HOME/lib/ にまとめられている。 $CATALINA_BASE を指定して複数インスタンス環境で利用しているので、 shared が無くなってしまうのは困る。 なので、各インスタンス用にクラスパスを以下の様に拡張してしまう。

  1. $CATALINA_BASE/ に lib ディレクトリを作成 (lib という名前でなくても良い) 。
  2. $CATALINA_BASE/conf/catalina.properties の common.loader システム・プロパティを 以下の様に書き換える。
common.loader=${catalina.home}/lib,${catalina.home}/lib/*.jar,${catalina.base}/lib/*.jar

これで、$CATALINA_BASE/lib ディレクトリ中の全ての jar ファイルが、 common クラスローダのクラスパスに追加される。

スポンサーサイト

« 共有フォルダを Linux にマウント|Top|NBT と CIFS »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/72-3ae6e008

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。