snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPMforge を利用する

freshrpms 等の非公式 RPM リポジトリが RPMforge に統合される動きになっていたらしい。 という事で、RPMforge 利用する事にするが、リポジトリ・ファイルを 書くのも面倒なので素直に rpmforge-release パッケージを インストールした。

以下の URL から取得。
http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/

CentOS 5.1 にインストール。

# rpm -ivh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

非公式パッケージのリポジトリなので、後々の混乱を避けるために /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo を enabled = 0 にして、 通常時は利用しない様にしておく。 利用する時には --enablerepo=rpmforge オプションを付ける。

スポンサーサイト

« CentOS 5.1 netinstall カーネルのチェックサム|Top|Video CD の DAT ファイル »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/62-a1ade266

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。