snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Commons DBCP の Idle Object Evictor

Apache Commons DBCP の Idle object evictor スレッドは、 アイドル状態の接続をある条件により切断し、接続プールから立ち退かせる。 このスレッドを制御するパラメータは以下。

timeBetweenEvictionRunsMillis
スレッドの実行間隔 (ミリ秒) を指定する。 1 未満だとスレッドは実行されない。 よって、その場合以下のパラメータ群は指定しても意味を持たない。 初期値は -1 なので、デフォルトではこのスレッドは動作しない。
minEvictableIdleTimeMillis
アイドル接続がプール中に居座れる時間。 接続がアイドル状態になってからこの時間を過ぎていると、切断し破棄する。 1 未満は無制限を意味し、決して破棄されなくなる。 次の testWhileIdle の機能を利用するなら、無制限を指定するのも無意味ではない。 初期値は 1800000 (30 分) 。
testWhileIdle
検査するアイドル接続に validationQuery を発行して DB との接続を確認するかどうか。 ようするに testOnBorrow, testOnReturn のスレッド版。 true を指定した場合、実際に DB との通信が出来なくなっているオブジェクトを破棄する。 validationQuery が未指定の場合は何もしない。 この検査は、上記の minEvictableIdleTimeMillis での検査後に行われる。 初期値は false 。
numTestsPerEvictionRun
スレッドの一動作中に検査するアイドル接続の数。 0 を指定すると 1 つも調べずにスレッドが終了するので無意味。 負数の場合は Math.ceil(numIdle / Math.abs(numTestsPerEvictionRun)) 個を検査。全アイドル接続のうちの何分の一を検査するか、という事かな ? 初期値は 3 。
  • Commons DBCP 1.2.1
スポンサーサイト

« 中古 MT-4000 を購入|Top|ブログの backlinks を消す »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/52-589361a7

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。