snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcat 5.5 は logging.properties を必ず読む

Tomcat 5.5 のログ出力に Log4j を利用する様にしても logging.properties で設定したログファイルは作成される。 だから、Log4j を利用する場合でも、 Logging API 関連の設定をしておく。

org.apache.commons.logging.impl.LogFactoryImpl#getLogClassName() によると commons-logging.jar と log4j.jar があれば Logging API の LogManager はインスタンス化されず logging.properties は読まれない筈なのだが、 おそらく階層構造のクラスローダの何処かで Log4j のクラスを見つけられない状況が発生しているのだろう。

という事で、Tomcat 5.5 のログ出力に Log4j を使っていて、 しかも無駄なファイルを作成したく無い場合は logging.properties から FileHandler の定義を削除する。 或いは catalina.sh は、$CATALINA_HOME/bin/tomcat-juli.jar が存在すると ClassLoaderLogManager を使用する為のシステム・プロパティを 環境変数 JAVA_OPTS に指定するので、 tomcat-juli.jar をリネームするのも有効だ。

  • Tomcat 5.5.23
  • Commons Logging 1.0.4
  • Log4j 1.2.14
スポンサーサイト

« Tomcat の Log4j 設定ファイルはシステム・プロパティで設定|Top|Tomcat 5.5 は JDK 1.4 で使用 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/49-338a9405

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。