snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dovecot の login_dir の値を変更

起動時に、rm コマンドが /var/run/dovecot/login はディレクトリだと コンソールにエラー出力していたので対処した。 原因は rc.sysinit が /var/run 以下をファイルとして削除するため。

/var/run/dovecot/login ディレクトリは Dovecot が認証プロセス用に UNIX ドメイン・ソケットを作成する場所。

$ ls -F /var/run/dovecot
auth-worker.1790=  dict-server=  login/  master.pid
エラーメッセージが quota の処理の後に出ているのと、消そうとしているのが /var/run の中だという事から /etc/rc.d/rc.sysinit の中を探すと以下が見つかった。 これだと rm -f /var/run/dovecot/login しようとして確かにエラーになる。
# Clean up /var.  I'd use find, but /usr may not be mounted.
for afile in /var/lock/* /var/run/* ; do
        if [ -d "$afile" ]; then
           case "$afile" in
                */news|*/mon)   ;;
                */sudo)         rm -f $afile/*/* ;;
                */vmware)       rm -rf $afile/*/* ;;
                */samba)        rm -rf $afile/*/* ;;
                *)              rm -f $afile/* ;;
           esac
        else
           rm -f $afile
        fi
done

認証プロセス用の UNIX ドメイン・ソケットを /var/run/dovecot/login ディレクトリに 作成する事は、Dovecot の設定ファイル dovecot.conf の login_dir で指定されている。

login_dir = /var/run/dovecot/login
なのでこれを以下の様に変更する。
login_dir = /var/run/dovecot-login
こうすると、認証プロセス用 UNIX ドメイン・ソケットは /var/run/dovecot-login ディレクトリ中に作成されるようになり、/etc/rc.d/rc.sysinit での処理は rm -f /var/run/dovecot-login/* となるのでエラーが出なくなる。

  • CentOS 4.3
  • dovecot-1.0.rc1.tar.gz
スポンサーサイト

« bind9 サービスを正しく停止させる|Top|chroot した bind の syslog 出力を SELinux で許可 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/40-b048d301

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。