snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS 4.3 をインストール

CentOS 4.3 を使ってみようと思いインストールした。 使い続けるか解らないのと、このマシンに既に Linux がインストールされている事から、 CD-R を焼かずに HDD からブートしてネットワーク・インストールすることにした。

まずインストール用のカーネルとイメージ・ファイルを取得する。 今回、取得元は ミラーリストから RIKEN Research Institute を選択した。 目的のファイルは http://ftp.riken.jp/Linux/centos/4.3/os/i386/isolinux/ に在るのだが、これだと改竄チェックが出来ないので、http://ftp.riken.jp/Linux/centos/4.3/isos/i386/ から ISO イメージの 1 枚目である CentOS-4.3-i386-bin1of4.iso を取得して その中から取り出す。 md5sum.asc と md5sum で ISO イメージの改竄チェック後マウント。

# mount -o loop /home/snbhsmt/tmp/CentOS-4.3-i386-bin1of4.iso /mnt
カーネル vmlinuz とイメージ・ファイル initrd.img をコピー。
# install -o root -g root -m 644 /mnt/isolinux/vmlinuz /boot/vmlinuz-inst
# install -o root -g root -m 644 /mnt/isolinux/initrd.img /boot/initrd.img-inst
ちなみにチェックサムは以下。
$ sha1sum vmlinuz initrd.img
1d137824e16263096864a74252e2dd0daa5c3f7b  vmlinuz
11ca4f6aa10481d35bf3748f6619c6c0b254d3a5  initrd.img
$
$ md5sum vmlinuz initrd.img
a8d56a538108cec0775b8633c208a854  vmlinuz
b71f53fc9dc39a767595e4722eda33f2  initrd.img

インストーラで起動できる様にブートローダを設定。 以下は GRUB の例。

# cat /boot/grub/grub.conf
      :
title CentOS Install
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-inst
        initrd /initrd.img-inst

再起動してインストーラ (GRUB:CentOS Install) を起動する。 インストール方法で FTP か HTTP を選択し、 ホスト名に ftp.riken.jp 、ディレクトリに /Linux/centos/4.3/os/i386 と入力する。 その他の選択項目は、通常のインストール方法と同じ。

スポンサーサイト

« CentOS 4.3 に FREQSHIP-mini をインストール|Top|OmegaChart のお気に入りをまとめて削除 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/33-368531c8

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。