snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC5 に FREQSHIP-mini をインストール

Fedora Core 5 なマシンに、三菱電機製 UPS 対応ソフトウェアの FREQSHIP-mini をインストールした。

まず RHEL 用の sdwn_2.00.tgz をダウンロードして展開する。 展開されたものに書き込み権限が無いのでセットする。

$ tar xzvf sdwn_2.00.tgz
$ cd freqship
$ chmod -R u+w *

続いて configure を実行する。 freqshpk はシャットダウンプロセスで実行されるため、Install destination は umount -a されてもアクセスできるパーティションにする。

$ ./configure
Distribution
 1 : FreeBSD
 2 : Slackware
 3 : Debian GNU/Linux
 4 : Other
Distribution [4]:
UPS connection [/dev/ttyS0]:
Install destination [/sbin]:
UPS shutdown delay [60]:
Please, type 'make' and 'make install'

そして make する。

$ make CFLAGS="-c -O2"

で、インストールする。 configure で Install destination にまだ存在していないディレクトリを指定した場合は、 あらかじめ作成しておかないと正しくインストールされない。

# make install

以下の様にインストールされた。

$ ls -l /sbin/freq*
-r-x--x--- 1 root root 18023 Apr 22 19:57 /sbin/freqshpd
-r-x--x--- 1 root root  8422 Apr 22 19:57 /sbin/freqshpk

$ ls -la /etc/freqship
total 56
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Apr 22 19:57 .
drwxr-xr-x 67 root root 4096 Apr 22 19:57 ..
-rw-------  1 root root    2 Apr 22 19:57 DELAY
-rw-------  1 root root   27 Apr 22 19:57 PMSGERR
-rw-------  1 root root   35 Apr 22 19:57 PMSGOK
-rw-------  1 root root  103 Apr 22 19:57 UPSFILE
-rw-------  1 root root   48 Apr 22 19:57 UPSSTAT

$ ls -l /etc/rc.d/*/*freqship
-rwxr-xr-x 1 root root 939 Apr 22 19:57 /etc/rc.d/init.d/freqship
lrwxrwxrwx 1 root root  25 Apr 22 19:57 /etc/rc.d/rc2.d/S98freqship -> /etc/rc.d/init.d/freqship
lrwxrwxrwx 1 root root  25 Apr 22 19:57 /etc/rc.d/rc3.d/S98freqship -> /etc/rc.d/init.d/freqship
lrwxrwxrwx 1 root root  25 Apr 22 19:57 /etc/rc.d/rc5.d/S98freqship -> /etc/rc.d/init.d/freqship

$ ls -l /etc/rc.d/init.d/halt*
-rwxr-xr-x 1 root root 6368 Apr 22 19:57 /etc/rc.d/init.d/halt
-rwxr-xr-x 1 root root 6368 Mar  4 04:05 /etc/rc.d/init.d/halt.freq

halt.freq はオリジナル halt のバックアップ。 diff ってみると halt が変わってない。 オリジナル halt に command="halt という文字列が無く、 command="/sbin/halt になっているため置換されなかった模様。 よって command="/sbin/freqshpk" と手で書き換えた。

$ diff halt.freq halt
36c36
<       command="/sbin/halt"
---
>       command="/sbin/freqshpk"

必須ではないが、chkconfig で制御できるように /etc/rc.d/init.d/freqship を編集。

# diff freqship.orig freqship
8c8
< # chkconfig 235 98 98 98
---
> # chkconfig: 235 98 98 98

# /sbin/chkconfig --del freqship
# /sbin/chkconfig --level 235 freqship on
# /sbin/chkconfig --level 0146 freqship off
# /sbin/chkconfig --list freqship
freqship        0:off   1:off   2:on    3:on    4:off   5:on    6:off

2006/05/21 追記:
CentOS 4.3 に、同じ方法でインストールした。

スポンサーサイト

« SnipSnap で InterWiki|Top|Tomcat のセッション ID の長さ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/28-0d7f6848

Top

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。