snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux で無線 LAN カード利用

Fedora 7 で無線 LAN カードを利用してみた。

  • Let's note (CF-A77)
  • Fedora 7
  • WLI-PCM-L11GP (無線 LAN カード)

カードを挿入すると /var/log/messages に以下が出力され、 orinoco_cs ドライバがロードされた。

Oct 21 02:19:34 tolkein kernel: pccard: PCMCIA card inserted into slot 0
Oct 21 02:19:34 tolkein kernel: cs: memory probe 0xa0000000-0xa0ffffff: clean.
Oct 21 02:19:34 tolkein kernel: pcmcia: registering new device pcmcia0.0
# pccardctl ls
Socket 0 Bridge:        [yenta_cardbus]         (bus ID: 0000:00:0a.0)
Socket 0 Device 0:      [orinoco_cs]            (bus ID: 0.0)
# pccardctl status
Socket 0:
  5.0V 16-bit PC Card
  Subdevice 0 (function 0) bound to driver "orinoco_cs"
# pccardctl ident
Socket 0:
  product info: "MELCO", "WLI-PCM-L11", "Version 01.01", ""
  manfid: 0x0156, 0x0002
  function: 0x6 (network), 9
# lsmod | grep orinoco_cs
orinoco_cs             19781  1
orinoco                41941  1 orinoco_cs
hermes                 11201  2 orinoco_cs,orinoco

kudzu を実行すると modprobe.conf にドライバが書き加えられ、 ifcfg-eth1 が生成された。

# cat /etc/modprobe.conf
         :
alias eth1 orinoco_cs
# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
# MELCO WLI-PCM-L11 Version 01.01
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=<無線 LAN カードの MAC アドレス>

ハードウェア的にちゃんと認識している様なので、 このインターフェイスを有効にしてみる。
無線 LAN の通信を暗号化するため WEP キーを設定。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# touch keys-eth1
# chmod 400 keys-eth1
# echo 'KEY=<WEP キー>' > keys-eth1

ifup eth1 を実行すると dhclient が起動して eth1 がアクティブになった。

# ifconfig eth1
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.0.69  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::202:****:****:****/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:75 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:10 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:6002 (5.8 KiB)  TX bytes:1572 (1.5 KiB)
          Interrupt:3 Base address:0x100
# iwconfig eth1
eth1      IEEE 802.11b  ESSID:"*********"  Nickname:"HERMES I"
          Mode:Managed  Frequency:2.437 GHz  Access Point: **:**:**:**:**:**
          Bit Rate:11 Mb/s   Sensitivity:1/3
          Retry limit:4   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:****-****-****-****-****-****-**   Security mode:open
          Power Management:off
          Link Quality=56/92  Signal level=-39 dBm  Noise level=-95 dBm
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0
/etc/modprobe.conf と /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1, keys-eth1 が正しく設定されていれば PC カードを挿すだけで無線 LAN が使える様だ。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 が存在するので、 この PC カードを挿して起動すれば eth1 がアクティブになる。 逆に PC カードを挿さないで起動するとエラー・メッセージが出るが動作には 影響無いのでたいした問題ではない。

いつも無線 LAN カードを利用する訳ではない場合は注意が必要。 kudzu を自動起動している場合、無線 LAN カードを挿していなくて eth1 が 存在しないと modprobe.conf から orinoco_cs ドライバが削除され、 ifcfg-eth1 が ifcfg-eth1.bak にリネームされてしまう。 この状態で無線 LAN カードを挿しても eth1 はアクティブにならない。 という事で chkconfig kudzu off して kudzu の自動起動をやめた。

pccardctl コマンドは pcmciautils パッケージに、 iwconfig コマンドは wireless-tools パッケージに含まれる。

スポンサーサイト

« CentOS 5 のインストール・カーネルのチェックサム|Top|kudzu の処理 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snbhsmt.blog110.fc2.com/tb.php/10-7a582694

Top

HOME

snbhsmt

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。