snbhsmt_log

ネットワークとコンピュータ、その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aptana Studio 3 の Commands のキー割当を変更

Commands メニューから呼ばれる機能のショートカットキー割り当てを変更した。

Eclipse で Ctrl+H を [Backspace] に割り当てていたけど Aptana Studio 3 Plugin をインストールしたら違う機能が実行される様になった。 どうやら Commands メニューの [JavaScript] - [Documentation for Word] が 実行されている。

スポンサーサイト

続きを読む »

BeanUtil#copy() で Key を変換する

Slim3 の BeanUtil#copy() で Key 型を含むオブジェクトをコピーする際に、 keyToString したり逆に StringToKey する様にする。

続きを読む »

slim3 のリクエスト処理の流れ

slim3 (FrontController) のリクエスト処理の流れをフローチャートに書いてみました。 おおまかな流れが思い出せれば良いので、色々端折ってます。

また、標準のフローチャートの書き方と違っていたり、分岐の方向を変えた方が スッキリするのにとかあると思いますが、とりあえずあまり気にしない方向で お願いします。

続きを読む »

Slim3 のルータを拡張するサンプル

Slim3 の AppRouter 周りは色々拡張できるなあとソースを読んでいて思ったので、 正規表現でルーティング指定できるものをちょっと書いてみました。

パスの変換自体は java.util.regex パッケージをそのまま使っているだけです。

AppRouter implements Router して、まったく独自のルーティングルールに する事もできるけど、RouterImpl#addRouting() もそのまま利用できる様に Routing の方を拡張する方法にしました。

オマケにすらならない様なテスト付き。

続きを読む »

AppRouter のテストはどう書く

9/03 追記:
ControllerTester#start() でルーティングされないのはバグだったらしく、 Revision 1340 で Fix された様です。

なので、これ以降の Slim3 を利用すれば、Controller のテストケース中で ルーティング前のパスを指定した場合でもルーティングのコードをカバーできるので、 AppRouter クラス単体でのテストは不要になる。

追記ここまで


Slim3 の AppRouter のテストはどう書けば良いのだろう。 そう思って ControllerTester とか FrontController 等のソースを見たら こんな感じの処理になっていた。

続きを読む »

CentOS 5.3 および 5.4 インストールカーネルのチェックサム

CentOS-5.3-i386-bin-1of6.iso より
$ sha1sum vmlinuz initrd.img
46d48145c9cabcdbf01962642c293dc6d442485b  vmlinuz
3ecbec85e7809c8cfce569f7396cf2ba2754b354  initrd.img

CentOS-5.4-i386-bin-1of6.iso より
$ sha1sum vmlinuz initrd.img
649353e4af7c5ec125a2384c9a7e08e38979a383  vmlinuz
8212df72a06b24da9459e4b310d3131f041c5775  initrd.img

Remember The Milk の iCalendar 出力と Mozilla Sunbird

Remember The Milk では自分のデータを 2 つのフォーマットで取得できる。
  • iCalendar サービス
  • iCalendar イベントサービス
iCalendar サービスでは、すべてのタスクが VTODO として出力され、 iCalendar イベントサービスでは、 期日を指定したタスクのみが VEVENT として出力される。

データをバックアップしておきたかったので、全部のデータが出力される iCalendar サービスの方を保存する事にした。

続きを読む »

Palm Desktop の予定データを iCalendar 形式に変換

Palm Desktop の予定のデータを Google カレンダに持ってく為の変換プログラムを Ruby で書いた。 以前ブログに書いた dbareader.rb が必要。

入力は Palm Desktop の予定をエクスポートした *.dba ファイル。 以下の様に実行して出来た iCalendar 形式のファイルを Google カレンダにインポートする。
$ ./dba2ics foo.dba > foo.ics

自分のデータを変換するためだけに作ったので、 他人のデータも正しく変換できる保証はまったく無い。
そういえば、繰り返し予定の例外に対応していない。 その場合、例外の元と先の 2 件の予定が作成されると思うので、 元の方を削除しなければならない。

続きを読む »

Top|Next »

HOME

Author:snbhsmt
Google Profiles

http://www.ksky.ne.jp/~snbhsmt/

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。